今日は東向き花壇で育っている植物をご紹介します。
まずは全体の姿から。
雑然としていてお恥ずかしいのですが、私の庭は5月6月が最も華やかになり、4月はいつもこんな感じです。

↓左端は水仙が終わり、やっとこれから忘れな草が咲いてきます。
シマススキやペニセタムも30cmほどに育ってきました。

2021_04_1607_24_139

↑芝の中黒い雑草はアカカタバミで、今年はあちこちにはびこってしまいました。
除草剤を使いたいのですが、芝生が弱っているので、もう少し芝が元気になってからにします。
芝の中に根がしっかりと入り込んでいて、手ではとても取り切れません。

↓少し右へ進んで、ここはよく載せている場所ですね。
中央の木は、シマトネリコです。
右のバラはアンジェラ。ツルバラですが、短くして育てています。
ボーダーにはエリゲロンが植わっています。

2021_04_1607_30_039

↓シマトネリコの下には、ヤブランやブルーサルビア・エキノプスリトロなどを植えています。

2021_04_1607_23_369

2021_04_1607_26_149

↓東向き花壇の中央あたりです。

2021_04_1607_25_139

↓早春に植えたバラ・グラハムトーマスやユリがあります。
あ~、そういえば、このユリもバラも黄色でした。
バラを植えるときに、ユリの存在を気にせず植えてしまいましたが、一緒に咲いたら黄色黄色で少々しつこそうです。

2021_04_1607_26_429

↓その右側に咲いているチューリップです。
今が一番可愛い時ですね。

2021_04_1607_29_319

↓種まきのフリルパンジー・バレリーナは、この花壇の右端に植えました。
1袋の種を播いて、たった1株だけ生き残ったものです。
真紅からワインレッドに変化し、なかなか綺麗です。

2021_04_1607_27_259

↓明るすぎて上手く撮れなかったのですが、東向き花壇の最後です。
左は直播のスイトピー、ハンギングは這性のビオラ(なかなかな広がらない)、その向こうはクレマチス・ピンキー、バラ・アンジェラです。

2021_04_1607_25_549

↓今年は、旧枝咲きのクレマチス・ピンキーが驚くほどの蕾を持っています。

実はこの冬は超多忙だったので、新枝咲きのクレマチス以外は切り戻しもせずそのまま育ててしまいました。
それがかえって良かったのか、今までにない成長ぶりです。
また花が咲いたら、詳しく載せますね。

2021_04_1607_22_489

↑株元には、毎年こぼれ種で咲く忘れな草がいっぱいです。
忘れな草は、どんなに寒い冬でも平気ですね。


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。