遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
賑やかで超々多忙な年末年始を過ごしていました。

こちら北関東では、もう2ヵ月以上雨も雪も降らず、相変わらずカラカラの天気が続いています。
今日は薄曇りですが、昨日の写真です。↓

2021_01_1012_00_119

庭は寒さで固まっており、枯れそうなものは簡易温室に入れましたが、その中ですら厚い氷が張っています。
まあ、霜が当たらないだけマシという程度です。↓

2021_01_1110_36_499

庭のほうは、ニゲラなどこの辺りの通常の冬では越冬できない植物に不織布を掛けました。
2021_01_1011_37_499

↓この辺りは何もしなかったので、いつの間にかすっかり枯れていました。
春には芽が出てきてくれるのかどうか危ういです。

2021_01_1110_40_369

その中でも、マホニアコンフューサの紅葉がなかなか綺麗なので、撮りました。


2021_01_1110_44_159

↓隣のビオラは、朝はカチンカチンに凍っていますが、日が射せばまた復活します。
本当に寒さに強いですね。

2021_01_1110_44_249

↓東の庭では、ディコンドラが辛うじてグリーンを保っています。
常緑のはずですが、この辺りでは、本格的に寒くなれば茶色になってしまうので、まだまだ寒さはこれからですね。(白い玉砂利が違和感ありますがオリーブの虫除けのため仕方がないです。

2021_01_1110_43_529

さて、地味な写真ばかりだったので、ここからは可愛いビオラ達の現状を。
↓玄関前(軒下)のビオラ達です。

2021_01_1110_41_269

2021_01_1110_42_559

2021_01_1011_42_069

2021_01_1110_41_419

2021_01_1110_43_309

↓温室内といっても、昨日移動したばかりで、それまでは露地にあった、天の羽衣パンジーと葉ボタンです。
パンジーは露地で枯れそうでしたが、葉ボタンはこの寒さの中でも元気いっぱいでした。

2021_01_1110_37_369

↓こちらは露天の「夢見るパンジー」です。
朝は凍っていましたが、今は、まあまあ元気に咲いています。

2021_01_1011_37_089

↓最後に、庭ではまだエキノプス・リトロがこんな姿ながらも形を保っています。
たくさんあれば、真冬の庭も可愛いかもしれません。

2021_01_1011_38_259

コロナの勢いが止まりませんね。
アメリカでは、第二次世界大戦の死者に迫る(もう超えた?)勢いだとか。
娘の会社は疫学や治験関係の業界なのですが、コロナ関係の仕事があり得ないほど入ってきて、超々多忙だそうです。

ですが会社も、国難(というより世界の一大事)ということで、採算を度外視して仕事を受けているので、仕事はめちゃくちゃ忙しいにも関わらず業績は下がり、ボーナスも下がったと言っていました。

うちに来ても、在宅勤務で朝早くから夜中までパソコンに向かって仕事をしていました。
(そのため、孫たちは私にベッタリ
本来の在宅勤務は6時までなのですが、それでは終わらないので、後はボランティアでしているそうです。

ウイルスが更に変異して強力になることもあり得るわけで、果たしてこの戦いに終わりが来るのだろうかと暗澹たる思いです。


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。