現在のエゴノキ花壇は、上ではエゴノキの若葉が繁り始め、下ではアスペルラに綿毛が見えてきました。

2020_05_1511_36_189

↓見づらいですがエゴノキの花です。初冬に思いっきり剪定してしまうので、花はほんの少ししか咲きません。

2020_05_1809_14_419

↓パンジー・アントワネットの鉢は、今、エゴノキの下に置いています。
半日陰になったためか、茎がシャキッと立ち上がり生き生きですが、花びらはナメクジに食べられています。
しかもなぜかパープルのほうばかり食べられるんです。

2020_05_1511_38_529

↓初春よりずっと色が濃くなりました。

2020_05_1510_13_469

暑くなってから色が鮮やかになるんですね。
3月ごろが最も淡くふんわりした色でしたが、好みによっては、そちらのほうが好きというかたも多いと思います。

2020_05_1511_42_309

↓エゴノキにハンギングの、ビオラとシレネはこんな状態です。

2020_05_1806_09_529

↓う~ん、シレネは白のほうが良かったかな。

2020_05_1809_22_439

↓もう一つのハンギングはゼラニウム・カリエンテファイヤーです。
3年目なのでモコモコ。

2020_05_1511_37_489

↓傍にあるペチュニア・純翠。
あんまり茎が伸びない種類のようで、こんもりしています。

2020_05_1511_38_179

↓ニゲラが咲き始めました。

2020_05_1809_11_479

↓去年は、ピンクとブルーの種を半々に採ったのですが、咲いてきたのは圧倒的にブルーが多い。やっぱりニゲラはブルーが基本なんですね。

2020_05_1809_14_229


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。