グラスの株分けはあまりに地味な作業なので、まずはビオラを写真を。
前回、ビオラをご紹介したときにアップしなかった画像です。
コメリのラ・ヴィオラ、見た目は普通のビオラですが、大きく広がる種類だそうです。
でも、今のところはまだ普通のビオラと同じですね。

P_20200217_100211

↓2年前の写真です。左がカレックス・エベレスト。右はベアグラス。
この時に植え替えたグラスは、

grass2017

↓2年経ち、現在冬枯れでこんな状態です。
去年は植え替えをせずに切り戻しだけだったので、根が詰まってしまったのか、夏でもあまり綺麗な色になりませんでした。ベアグラスは斑入りが薄くなり鮮やかさに欠けました。

P_20200219_142109

↓そこで今年は2年ぶりの株分けをしました。
本来は根詰まりを防ぐために、毎年したほうがいいのでしょうね。

グラスの株分けって大変ですよね。私はのこぎり鎌でごりごりして切り分けます。三分割にして、周りには新しいコンポスターの土を入れました(
鉢底石もなし)。

土はあまりこだわらなくてもいいようです。
前回は家庭菜園の土をそのまま使いましたが、問題なく元気に育ちました。

P_20200219_162233


↓こちらはシレネとありあわせの苗で作ったハンギングバスケットです。
シレネは、いくつもの小さな苗がまとめて入れてあるのですね。
ポットからとりだしたらバラバラと別れたので、少し広げて植えました。他はビオラとディコンドラの小さな苗です。

P_20200221_163014

↓こちらの中央は、矮性のスイトピーです。種を蒔いたのが遅かったので、いまだこんなに小さな苗です。
矮性スイトピーは初めてなので楽しみ。
両側にはビオラのチビ苗。自家採取の種なので、おそらく濃い紫です。
スイトピーはピンクなので、一緒に咲けば可愛いですよね?

P_20200221_163031

いずれも時期を逃した遅い種まきだったので、いつ頃花がさくのか先は長そうです。


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。