暑さで休んでいたキンギョソウに花が戻ってきました。
私の好きな花色のブロンズレッドです。

P_20190917_062408

時々、「赤や華やかな色が好きになってきたのは、おばさん化してきたということ?」などとユーモアを交えて自虐的に書かれている記事を、ブログに限らずいろいろなところで目にしますが、私は昔から赤が好きでした。

若いころは真っ赤なワンピースに黒いベルトというような恰好を平気でしていました。
もちろん、パステルカラーも無彩色も好きです。
若いころに苦手だった色はブラウン系。
グレー系は好きですが、ブラウン系の服は一枚も持っていないというほどです。
ところが歳をとったら、ブラウンの濃淡のような秋色の服も好きになりました。
私のおばさん化は茶色が好きになったことです。
(おばさん化どころか孫もいるけど。

P_20190917_062425

↓こちらは以前「咲き過ぎて困る」と言っていたキンギョソウです。
元気に夏を越し、また爆咲きしそうです。

P_20190913_073239

↓このゼラニウムは、まだ暑さで葉の色が薄く元気がないですね。

P_20190916_063157

↓こちらはまあまあ元気です。
P_20190916_063428

↓エキナセア・バブルガムがダブルになってきました。
上のほうにピコンと伸びているものは最初についていた花の茎です。
種を採ろうと思って枯れても大事にしています。

P_20190916_062655

↓クレオメはこれで一株です。
春には1株に1輪ですが、切り戻せば秋には枝分かれして数輪の花が咲きます。

P_20190916_063038

↓メリニスサバンナは次々と穂が上がっています。
最初の穂は綿毛になってきました。

P_20190916_063047

↓9月初旬に切り戻したペチュニアとディコンドラはこんなに元気に復活してきました。

P_20190917_062251


ご覧いただきありがとうございました。
クリックしていただけると嬉しいです。