今日は雨なので、昨日の写真です。
アークトチスは、囲まれていたワスレナグサを抜いたら元気になり、毎日4~5輪の花を咲かせています。同じ県内の方のブログではこぼれ種で咲いたと書かれていたので、種ができるまで頑張ってもらいたいです。
20190526_01

↓ペンステモン・ハスカーレッドが咲いてきました。植えて2年、極寒の冬も酷暑の夏も乗り越えた、とても強い花です。
20190526_02

↓今の季節、ヤブランの若々しい葉が爽やかです。
20190526_03

↓新しい花壇は、まだこんな状態でなかなか絵になりません。小さな雑草もいっぱいなのでチマチマ抜いています。
20190526_04

↓このパープルのアリッサムが好きですが、夏に弱いのが難です。
20190526_05

↓毎日のように載せている白万重とニゲラです。
20190526_06

↓アンジェラもまだまだ綺麗。
20190526_07
20190526_08

↓こちらは鉢植えのアンジェラ、このくらいのポツポツ咲きもまた好きです。
20190526_09

↓ペチュニアとオルレア、これだけ見ればなんてことはないショットですが、
20190526_10

↓こんな場所に咲いているペチュニアなんです。光を求めて必死で伸びてきたんですね。80cmはあります。
20190526_11

↓左のサルビア・ミラージュ、先日成長しても50×50くらいで収まると書いてしまいましたが、矮化剤が使ってあるせいだったようです。2年目は環境により1mくらいになるとか。ならばやはりチェリーセージと同じ扱いですね。小さく育つものが欲しかったのですが残念。
間違ったことを書いて申し訳ありませんでした。
20190526_12

↓こちらは今日の写真です。いつまで綺麗を保てるか試しています。
20190526_13


ご覧いただきありがとうございました。
クリックしていただけると嬉しいです。