通りに面した花壇のビオラがなんとなく白っぽい。よくよく見たら葉にうどんこ病が!びっくり
ビオラのうどんこ病は、話には聞きますが今まで一度もなかったのでびっくり。しかも他の場所のビオラには全く発生していないのです。

さっそくネットで調べると「乾燥すると発生しやすい」とか。最近こんなに雨が降っているのに…なぜここだけ??



↓不思議に思って上を見上げると…なるほど、コニファーが大きくなりすぎて雨が全然あたっていなかったのですね。気が付かなかった…。



離れたところからみるとこんな感じ↓ これじゃあ雨なんてほとんど当たらないですね。よく元気に咲いていてくれたものです。とりあえず水をジャージャーかけて、後で殺菌剤を撒きます。



↓もう十分長い間咲いてくれたので抜いてもいいのですが、花はまだこんなに綺麗に咲いているので様子をみます。
隣に植えたヒューケラに可愛い花が咲いてきました。



↓同じ場所に植えているエリゲロンは元気いっぱいです。こちらは乾燥が好きなのですよね。



↓パンジー・キューティアプリコットが今頃可愛くなってきました。



↓最初に一目惚れしたときのように、花も小さく色もやさしい色になっています。



もともとは「虹色パンジー」くらいの大きさで、色もこのように可愛く一目惚れして購入したものです。

ところが早春には薄い色はくすんだベージュに、濃い色は血のようななんとも言えない色になり、6~7cmほどの大きな花びらはつぶれて押されて見るに耐えない状態でした。

暑くなったせいか花が小さくなり、色も購入時のように可愛くなりました。




ご覧いただきありがとうございました。ハート
クリックしていただけると嬉しいです。