miraiの庭 つれづれに

北関東の片隅でのんびりとガーデニングを楽しんでいます。 種まきやこぼれ種の花壇に、最近は宿根草も増えてきました。



昨日は九州、今日は岐阜県飛騨川と大変なニュースが続き、気持ちが沈みます。
我が家も去年は大雨で洪水警報が出て、避難したような地域ですので、他人ごとではありません。

 * * *

今日は朝から雨なので、昨日撮った庭の写真をアップします。
東向き花壇の右端には挿し芽で作った白いペチュニアがあります。
雨に打たれて今はこれだけですが、梅雨が終わればこんもりと咲くでしょう。

2020_07_0715_47_029

↓左端も白のペチュニアです。
意図したわけではないのですが、両端が白のペチュニアになりました。

2020_07_0715_47_449

↓L字花壇の赤のペチュニア。ユーフォルビア・ダイヤモンドと一緒にワサワサ咲いてくれるのが楽しみです。

2020_07_0715_49_239

↓西向き花壇のピンクのエキナセアです。
回りに植えたアゲラタムに飲み込まれそう。

2020_07_0706_35_509

↓アゲラタムをかき分けて撮りましたが、飲み込まれるのも時間の問題ですね。

2020_07_0706_36_129

↓去年の秋に、株分けをして植えた黄色のエキナセアです。
ここも西向き花壇ですが、エキナセアは、西向きでも全く問題なく元気に育ちます。

2020_07_0715_50_009

ちなみに去年、上の黄色のエキナセアを種まきしたと書きましたが、種まきなどしなくても、近くにこぼれ種がたくさん発芽していました。

エキナセアの種まきは結構手がかかるのですが、こぼれ種からの発芽を見て、あの苦労は何だったの?状態です。

↓ちなみに、こちらのピンクのエキナセア・バブルガムも種まきをしたのですが、1本も芽がでませんでした。
白はアラスカ、去年の秋に植えたので、今年初めての花です。

2020_07_0706_33_109

↓いつもアップしている西洋ミソハギはまだまだ綺麗。
植えてから3~4年になります。

2020_07_0706_32_529

↓こちらが普通のミソハギ(日本原産?)です。
去年植えたばかりなので花穂は少ないのですが、見た目はそれほど変わりません。

2020_07_0715_50_449

↓宿根リナリア・パープレア
切り戻すと何回も咲きます。
繁殖力が“ものすごい”というくらい強く、こぼれ種からびっしりと発芽します。
ほっとけば、庭中こればかりになりそう。

2020_07_0715_50_169

↓ベロニカ・ベイビーピンク。
年々、元気が無くなるような気がします。
ブルーも赤も消えてしまいました。

2020_07_0715_46_309

↓日当たりのいい場所のダリアから遅れること1ヵ月。
やっとピンクのダリアが咲いてきました。(ここは半日陰)

2020_07_0715_47_189

今年は株分け(球根分け)したいけど、以前、掘り上げて失敗したことがあるので、自信がありません‥‥


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



日曜日にHCで花苗を2つ購入してきました。

↓ガザニアです。
ガザニアは暑さに強く丈夫そうですが、はっきりとした色遣いのものが多いですね。
これは優しそうな色なので、たくさん咲いても主張し過ぎないかなと選びました。

2020_07_0706_38_209

他には「スターリングシルバー」というピンクのガザニアも気になっているのですが、近くのお店にはありませんでした。

↓名無しのエキナセアです。
少し褪せた感じのサーモンピンクが素敵で、私の庭には無い色だったので購入。
でもエキナセアって、季節や成長度合いにより色が変わるので、育ってみたら普通のオレンジだったという可能性も十分にありそうです。

2020_07_0706_38_379

↓アガスターシェ・ブラックアダー
もう3年目ですが、背が高くなるとのことで後方に植えたら、いつも何かの陰になり、まともな花を見たのは初めてです。綺麗~。

隣のグラス・エリムス・アイシーブルーが大きくなりすぎるので少しカットして、アガスターシェにたくさんの日光を当ようと思います。

2020_07_0706_35_019

↓ペニセタム・カーリーローズにピンクの穂が付き始めました。

2020_07_0706_34_469

↓雨で倒れてしまったアークトチスです。
倒れた状態からまた起き上がるかもしれませんが、あまりに見苦しいので抜いてしまいました。花は本当に綺麗なのに‥‥。
どなたか矮性になるよう研究していただけませんか?
高さ30cmほどで倒れなければ、庭中、この花ばかりにしたいくらい花は好きです。

2020_07_0706_36_469

 * * *

今日は画像が少ないので、別の趣味の話を少し。
今現在、私の趣味と言えるものは「ガーデニング・韓国ドラマ・もう一つは内緒」の3つです。

このうち韓国ドラマについて。
もともとドラマは日本・韓国問わず好きだったのですが、春は庭作業に手がかかり、少し遠のいていました。

ところが「愛の不時着」があまりに評判がいいのでNetflixで見始めたところ、今はすっかり韓国ドラマ浸けになっています。

もう見た方も多いと思いますが、評判通り面白いドラマです。
舞台が北朝鮮ということでシリアスなドラマかと思ったのですが、残酷なシーンもなく、笑いの部分も多くて楽しめます。

韓国ドラマは長編が多いせいか、日本のドラマより奥が深く(本当に深く)余韻が残るものが多いですね。

この後に見た「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」も私的には「愛の不時着」以上に余韻が残るものでした。こちらも超お薦め。

評判のいい「梨泰院クラス」は面白かったけど、あまり好みじゃなかったですね。企業ドラマは好きなんだけど、今一つ、主役の二人に入り込めなかった。

以前から視たかった映画「パラサイト~半地下の家族~」が、dTVで放映されていたので視ました。
ドラマを見慣れていると映画は展開が早く、あれあれと思っている間に終わってしまいましたが、評判以上に面白い映画でした。

さて、今日からは「アルハンブラ宮殿の思い出」を見ようと思います。

他に私が面白いと思った韓国ドラマ(ごく一部)です。
浪漫ドクター キム・サブ
記憶~愛する人へ~
被告人
2度目の二十歳
品位のある彼女
グッド・ドクター
青い海の伝説
僕の彼女は九尾狐
など、思いつくものを上げてみましたが、まだまだ数えきれません。

(九州では大変なことになっているのに、こんな話をしてすみません。)


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



今夏のエゴノキ花壇は、あっさりとグラスとディコンドラだけです。
グラスはメリニス・サバンナで、昨年、自家採取した種から育てました。

2020_07_0409_28_079

↓一緒にアプローチの写真も。
左側がエゴノキ花壇で、現在エゴノキの葉がワサワサ、ネームプレートも隠してしまっています。

2020_07_0409_28_319

↓西向き花壇にアゲラタムが咲いてきましたが、あまり冴えません。
実際にみるとそれなりに可愛いのですが、写真に撮るとイマイチです。

2020_07_0409_30_119

↓南フェンス下のアゲラタムです。

2020_07_0506_30_499

↓L字花壇のダリア、咲き始めは深い赤で好みの色ですが、徐々に退色して、朱色になります。朱色の花は少し苦手。

2020_07_0506_33_199

↓株も大きくなり、花数も増えたんですけどね‥‥。

2020_07_0506_33_039

↓エキノプス・リトロの数が増えました。パープルになるのが楽しみ。

2020_07_0506_35_389


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



西洋ミソハギは咲き始めがとても綺麗です。
咲き進むと枝があちこち暴れて困りますが、このくらいの咲き方が一番好きです。

2020_07_0211_35_099

↓野原のような花壇には穂状の花が合いますよね。

2020_07_0211_35_169

↓上の2枚は一昨日の写真ですが、ここからは今日の東向き花壇です。
雨上がりで前面の小花が下を向いてしまいました。

2020_07_0409_34_319

↓東向き花壇の右(北)のほうから順にアップしますね。
アサギリソウはいつも初夏に徒長するので切り戻していましたが、その後がとても見苦しくなります。

今年は切り戻していませんが、徒長した部分は他の植物に覆われて見えなくなるので、切り戻さない方がよさそうです。
サルビア・バーニングウィッシュとよく合います。

2020_07_0409_33_029

↓右の小さなピンクはベロニカ、中央はサルビア・カラドンナ、左のピンクはサルビア・サクラプルコです。

2020_07_0409_33_089

↓中央辺りです。
右はアークトチス、左はサルビア・サリーファン、手前の白い花はサルビア・スノーヒル。

2020_07_0409_35_439

↓更に左(南)へ進むと、現在最も目立っている西洋ミソハギはここにあります。

2020_07_0409_32_479

↓グラスはシマススキとペニセタム・モードリー。
ピンクの花は、サルビア・ミラージュです。

2020_07_0410_42_309

↓反対側から。

2020_07_0410_42_449

↓そろそろ東向き花壇が終わります。

2020_07_0410_42_219

↓ここが終端です。全体を撮りました。

2020_07_0410_41_379


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



梅雨なので庭は撮るほどのものもありません。
鉢植えは軒下に集結していますが、梅雨前に切り戻した花が少し戻ってきたので、今日は鉢植え特集をしてみます。
とはいえ、まだこれからのものが多いので、あまり見栄えしませんが、よろしければご覧ください。

↓クランベリーに可愛い実が付いてきました。
去年の秋から育て始めたので、実が付くのを見るのは初めてです。
初夏からこんなに可愛い実をつけてくれるなら、来年はもっとたくさん成るように丁寧に育てようと思います。(今年はほったらかしでした。

2020_07_0109_56_519

次はゼラニウムたちです。
これらのゼラニウムは、もう何年も私の庭で過ごしています。

↓ホワイトスプラッシュ、蕾がいっぱいです。

2020_07_0109_41_069

↓ゼラニウム・カリオペ

2020_07_0110_04_369

↓クオリティシリーズ・グラシス

2020_07_0110_02_129

↓ダブルテイク

2020_07_0109_54_189

↓カリエンテファイヤー

2020_07_0109_59_159

↓先日も載せたばかりのカリブラコア・ミリオンベルです。

2020_07_0110_06_219

↓ブリエッタ・ピーチレース

2020_07_0110_09_489

↓ペチュニア・純翠
形が乱れたので切り戻したあとに、少し花が戻ってきたところです。

2020_07_0110_00_299

↓こちらもしばらく前に切り戻しと株分けをしたブラキカム・星空マムです。
元気に新しい花が咲いてきました。
隣はマーガレット・フォーシーズンズ、春はピンクでしたが、夏には白くなります。

2020_06_2812_38_499

↓ネメシア
春にはビオラ・ヌーベルバーグと一緒に植えていたものです。
左にヘデラが植わっているのですが、全然活かせてないですね。

2020_07_0110_10_299


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



前回は東向き花壇の写真が多かったので、今日は西向き花壇の写真をアップします。
とはいえ、特に目を引くものは何もありません。

↓またラベンダーです。

2020_06_2905_57_299

↓いつもアップしているラベンダーですが、少しづつラベンダーらしい色になってきています。

2020_06_2905_55_059

↓東のオリーブ花壇にもありますが、まだこんな状態です。

2020_06_2917_50_229

↓西向き花壇は現在このような状態です。
こんもりした山は、切り戻したあとにやっと葉が茂ってきたキャットミントやチェリーセージです。
春の花が終わったあと、ボーダーに沿ってエリゲロンを植えましたが、花がワサワサさくのは早くて秋(もしかしたら来春?)です。
その前に、キャットミントに飲み込まれそう。

2020_06_2917_48_179

↓中央辺りです。
黄色のスカシユリが終わったあと、次はオニユリが咲いてきます。
種まきして植えたアゲラタムやコスモスは、ポツポツと咲いています。

2020_06_2917_49_329

2020_06_2917_49_209

↓西向き花壇の種まきサルビア・サクラプルコが1本だけ咲いています。
こういう花は可愛いけど、群生させないと見応えがないですね。

2020_06_2905_54_109

↓アゲラタムも現在こんな感じです。まだまだ。

2020_06_2905_52_589

↓ヘリクリサムシルバースノーと、ヤブランが素敵です。
このシルバースノーはどんな花や葉でも合うので好きなのですが、日当たりが悪いと下のほうが茶色になって急にみすぼらしくなります。

2020_06_2905_58_339


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



午前中は雨だったので花はみなうなだれていますが、こちらは軒下で元気なゼラニウム・カリエンテファイヤーです。

2020_06_2812_37_029

午後から雨が上がり、庭の葉たちは生き生きとして見えます。
雨に負けない花たちを少し。

↓エキノプス・リトロ
今年で4年目です。青くなるのはこれからですね。

2020_06_2812_32_169

↓ベロニカ・ベイビーピンクと小花が可愛い。

2020_06_2812_34_509

2020_06_2812_34_339

↓サルビア・ネモローサカラドンナ。
小さな挿し芽の苗を今年植えたばかりですが、ここへきて急に大きくなりました。

2020_06_2812_35_179

↓茶色の花ガラが付いているのは、サルビア・スペルバボルドー。
春にはあんなに綺麗だったのに、最近は切り戻して青い花穂が上がってきても、すぐに茶色になってしまいます。雨のせいなのか暑さなのか?
いずれにしても秋に期待ですね。

2020_06_2812_34_079

↓サルビア・サリーファンです。

2020_06_2812_33_159


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



最も日当たりのいい場所にあるダリアに花がたくさん咲きました。
ダリアは、以前はあまり好きではなかったのですが、園芸店でたくさん並んでいるのが可愛くて、少しづつ増やしてしまいました。
植えっぱなしで越冬できるのが何より嬉しいです。

2020_06_2705_35_279

↓奥に見えるのはコンポスターです。この辺りでは米ぬかが手に入るので、終わった草花の残骸や落ち葉と、米ぬかだけを入れてコンポストを作っています。
くるくる回せるので発酵しやすく便利です。
(家庭の生ごみは入れていません。)

2020_06_2705_33_539

↓同じダリアを上から撮りました。

2020_06_2705_36_039

↓反対側から。

2020_06_2705_33_239

↓こちらは南フェンス下にあるダリアです。
去年咲かなかったので捨てようと思ったのですが、球根を適当に菜園の隅に埋めて置いたら、ちゃんと発芽して花が咲きました!
1年咲かなくても、翌年咲くことがあるのですね。

2020_06_2705_39_379

↓東向き花壇のダリア、左はオレンジ、右はピンクの八重です。
午後から日があたらないので、まだこんな状態ですが、ダリアに日当たりは重要ですね。

P_20200627_081537

↓ピンクは蕾が見えているので間もなくでしょう。

P_20200627_081442

↓ダリアではありませんが、ブルーグレーのグラス(エリムス・アイシーブルー)がこんなに大きくなり持て余しています。

2020_06_2705_32_299


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



去年、挿し芽をしたクレマチス・アフロディーテエレガフミナが咲きました。
親株は地植えにしたところ、土が合わないのかあまり咲かなくなり、元気がありません。
この挿し芽は鉢植えですが、久し振りに元気な花を見られました。

2020_06_2511_30_369

↓場所は、バラ・グラハムトーマスの隣です。まだこんなに小さい。

2020_06_2511_28_399

↓右側の鉢は、ヘンリーヅタです。
去年、植え替えたので、今年は元気に無数の枝(つる)が出てきました。
余りに茂っても困るので、つるを3本だけフェンスに這わせ、他は切ってしまいました。
今は、元気で可愛い葉がフェンスを登っています。

2020_06_2511_30_069

↓カンパニュラはまだ元気です。
ピンクは放っておくと1m以上になってしまうので、小さく切り戻しています。

2020_06_2511_35_139

↓大輪のバーベナ・デニムブルーです。
とても元気で、もう何年も宿根しています。
以前育てていたバーベナ・ピンクバレエは、うどん粉病に悩まされたのですが、こちらは病気に罹ったことがありません。

2020_06_2610_44_129

↓エキナセア・アラスカは、去年の秋に植えたので初めての花です。

2020_06_2606_12_499

↓ピンクと白で可愛いかなと思って、バブルガムの隣に植えました。

2020_06_2511_36_109


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



今日は雨なので、昨日・一昨日に撮って掲載しなかった写真の中から、いくつか探してきました。

東のオリーブ花壇に咲いているゲラニウム・ロザンネです。

2020_06_2411_05_139

↓もう3年目なので株は大きくなりましたが、花数はワサワサというほどではありません。
ペチュニアのような花いっぱいの様子を見慣れているので、少し物足りなく思ってしまいますが、この清楚な咲き方がいいのでしょうね。

2020_06_2411_04_259

↓南フェンス下の臨時花壇(余った煉瓦を積んであるだけなので、いつでも壊せます)。
高さのある花壇は、煉瓦のほうに枝垂れるように植物を植えれば素敵なんですが、残念ながらこちら側が北なので、思うように枝垂れてくれません。
下の土部分に生えているのは雑草ではなく、家の側から抜いてきたクラピアです。

2020_06_2307_49_249

↓臨時花壇ということもあり、いつも余った苗を適当に植えてしまうので、雑多な花壇になっています。

2020_06_2307_49_319

↓ラベンダーが色づいてきました。
フラワーガードで支えていますが、それでも斜めになってしまいます。

2020_06_2305_50_059

↓東向き花壇を上から撮ったところです。まだ地味ですね。

2020_06_2305_46_439

↓パープルのアリッサムの奥にある銅葉はダリアです。
黒っぽい赤のダリアでお気に入り。早く咲かないかな。

2020_06_2305_47_119-2

↓涼しかったせいか、切り戻したエリゲロンに花が咲くまで3週間ほどかかりました。

2020_06_2316_22_499

↓1週間前にも同じような写真を載せましたが、今日は写真が少ないので、枯れ木も山の賑わいということで、あれから少し花数が増えたところをご覧ください。

2020_06_2316_23_089


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



小輪ペチュニアのブリエッタ・ピーチレースが、軒下に入れたらモリモリになってきました。

2020_06_2411_10_359

↓6/12には、こんな色だったんですよ。
2週間も経っていないのに変わるものですね。

08bb8c40-s

↓横から撮りました。

2020_06_2411_10_209

↓アップも可愛い。

2020_06_2411_14_539

↓同じ時に植えたカリブラコア・ミリオンベルは現在あまり花が付いていません。
株の状態も良くないので、再度切り戻しをしたほうがいいかもしれませんね。

2020_06_2411_12_379

↓先日もアップした白のペチュニアです。
最近は曇りと雨で、あまりいい状態のものがなく、何度も同じ花をアップしてしまいます。

2020_06_2411_02_269

↓色をそろえたかったのですが、こぼれ種でたくさん咲いてしまったので、可愛いからそのままにしています。
頭の中で描いていても、なかなか思うようにならないのがガーデニングですね。

2020_06_2411_00_439

↓去年から越冬組の淡い黄色のペチュニア。

2020_06_2411_02_519

↓梅雨が終われば、持て余すくらいモリモリになります(と思います。)。

2020_06_2316_24_069


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



6月はヒューケラが綺麗ですね。
花も意外と長期間咲きます。

2020_06_2305_48_459

↓このオレンジのヒューケラの花も、ず~っと咲いています。

2020_06_2305_48_579

2020_06_2305_49_099

↓切り戻したサルビア・バーニングウィッシュが、かなり伸びてきました。

2020_06_2305_46_159

↓ダリアもポツリポツリと咲いています。

2020_06_2305_50_419

↓日曜日に外出した折に、新しい花を購入してきました。
エキナセア・バニラカップケーキとデュランタです。

2020_06_2207_00_099

デュランタはブドウのように垂れ下がる花が可愛かったので衝動買いしましたが、5℃以上ないと越冬できないそうです。
半年育てて気に入ったら、室内で冬越ししようと思います。


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



3月末に室内で種まきをした夏の花に一番花が咲きました。
↓コスモス・カップケーキ&ソーサーズです。

2020_06_2207_05_059

↓アップで見るとこんな感じです。
写真で見た時は、この花びらが1枚でできているのか複数が重なり合っているのか不思議だったのですが、なんと1枚がぐるりと花芯を取り囲んでいました。

2020_06_2207_04_569

↓アゲラタムにも、あちこちで蕾が付いてきました。

2020_06_1910_36_449

↓サルビア・サクラプルコ
やさしい色ですね。

2020_06_2010_21_389

 * * *

↓エキナセアが賑やかになってきました。

2020_06_1910_37_389

↓東向き花壇の終わりに咲いています。
その後ろの茶色の草はオルレアで、種取り用に1本だけ目立たない場所に残してあります。

2020_06_2010_24_049

↓シマススキと一緒に。

2020_06_2010_27_449

↓オレンジのエキナセアとブルーサルビアのコラボ
ブルーサルビアがもっと咲けば、お互いが引き立てあうと思います。

2020_06_2207_02_389

↓ピンクのエキナセアは、白のアークトチスとコラボさせたいのですが、アークトチスがあちこち向いてて難しいです。

2020_06_2207_01_479

↓去年はいろいろな植物の陰になり、元気のなかったピンクのエキナセア。
今年は元気ですが、色がショッキングピンクになりました。
去年はもう少し薄いピンクでした。
環境によって色も変わるんですね。

2020_06_2010_26_329


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



しばらく前に切り戻したペチュニア・レッドベロアが、再び満開になりました。

2020_06_2010_30_259

↓葉がモリモリのエゴノキの枝に吊るしています。

2020_06_2010_30_449

↓こちらはゼラニウム・カリエンテファイヤー。
ただいまお休み中で一部だけ花が咲いています。

2020_06_1706_22_039

↓ゼラニウム・ホワイトスプラッシュもお休み中で、花は少しだけ。

2020_06_2010_31_099

↓カンパニュラはまだ咲いています。

2020_06_2010_28_579

↓ピンクも。

2020_06_2010_29_059

↓ベロニカ・ベイビーピンクの花穂が上がってきました。
以前は、レッド、ブルーのベロニカもあったのですが、いつのまにか消えて現在残っているのはピンクだけです。

2020_06_2010_21_509

↓アジサイ・フェアリーアイ。

2020_06_1910_36_249

↓ゲラニウム・ロザンネは、オリーブ花壇でひっそりと。

2020_06_1706_26_279


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



少し前まで土の部分が多かった花壇ですが、このところの雨で土も隠れ、なんとか見られるようになってきました。

↓今日は雨なので昨日の写真です。
まずは、東向き花壇の最も南から。
バーベナとアリッサム・ペチュニアがモコモコになり、レンガブロックを覆い隠すようになるのを楽しみにしています。

2020_06_1808_14_519

↓少し北(家のほう)へ移動します。
ボーダーに沿ってエリゲロンが植えてありますが、奥のほうは一度切り戻したので、今は新しい花が咲き始めたところです。

2020_06_1806_31_599

↓シマススキがちょうどいい高さになりました。
手前のグラスはペニセタム・モードリー。
もう3~4年ほど、このペアでここに住んでいます。

2020_06_1806_34_399

↓シマススキの向こうでは、挿し芽で越冬したニチニチソウ・夏桜が咲いてきました。
3本植えてあるので、これから可愛く咲いてくれると思います。
そういえば一昨年の酷暑の中で、他の花が息も絶え絶えの時でも、ニチニチソウだけは元気に花を付けていました。

2020_06_1806_30_519

↓更に北へ移り、シマトネリコの辺りです。
サルビア・ミラージュ、スペルバボルドー、ミスティックスパイヤーズブルーなど育てやすいサルビアばかりです。

2020_06_1806_29_189

↓更に北へ進んで、コニファー・ブルーアローのある当たりです。

2020_06_1808_16_469

↓反対側から見たところ。

2020_06_1806_27_559

↓スカシユリが元気に咲いています。

P_20200618_084855

↓東向き花壇の終わりです。
奥には、サルビア・ブラック&ブルーム(濃い紫)、白のダイヤモンドフロスト、サルビア・バーニングウィッシュ(濃いワインレッド)が植わっています。
こうしてみると、宿根草はサルビアがほとんどですね。
楽ですから。

2020_06_1808_13_059


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



L字花壇の中央で咲くダリアの花が大きくなってきました。
蕾はたくさんあるのですが、いまのところ1~2輪づつポツポツと開きます。

2020_06_1808_19_419

↓その隣に咲いているペチュニアも赤です。
今年のL字花壇は赤と白で統一する予定でしたが、ついふらふらとイソトマなどを植えてしまったので、また雑然とした花壇になりそうです。
後になってみれば、そのまとまりの無さが意外と良かったりするのですけどね。

2020_06_1808_19_099

↓ダリアの反対隣では、アークトチスがちょうどいい高さで咲いています。
こんな咲き方をしてくれれば大歓迎なのですが、株元を見ると、いったん倒れて、そこから立ち上がってきたものです。

2020_06_1706_44_269

↓L字花壇の終わりはいつものペチュニア達。
自然と言えば自然な、雑然といえば雑然とした咲き方。

2020_06_1808_18_359

 * * *

↓フォンドメモリーズの花後がとても素敵なので、ご覧ください。
以前はこれを花ガラと書いていましたが、厳密にいえばこれは花ガラではないですよね。
種の出来始めですから、種と書くべきでしょうか。

2020_06_1706_26_559

フォンドメモリーズの花後はゴールドにならず、このようにライムグリーンの状態が、かなり長い間続きます。

2020_06_1706_24_479-2

↓花も大好きですが、種まで素敵です。

2020_06_1706_25_009

↓以前も載せた美佐世の花後、朝日が当たっているときはゴールドに輝きます。
とても長持ち。(前回と同じ種の今日の姿です)

2020_06_1706_24_019

↓挿し芽で増やした白万重。長さ30cmもない小さな苗なのに、7つも花が付いています。

2020_06_1706_28_459

↓もう随分前から咲いていたので、少々疲れていますが、小さいながらもしっかりとした花です。

2020_06_1706_29_099


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



西向き花壇の今日の様子をご紹介します。
最も奥ではラベンダー(頂き物なので名前不明)が色づいてきました。
西向き花壇ということから、全ての植物が光を求めて東へ東へと傾きますが、特にこのラベンダーは光が好きなようで、最盛期のころはほとんど寝てしまいます。

2020_06_1706_43_149

↓少しづつ北(家のほう)へ移動します。
コスモスはまだこんな状態で、ポツポツと花が咲いています。
20cm間隔で植え付けると書かれていたので、その通りにしたのですが、この花壇が見られるようになるのはまだまだ先ですね。

2020_06_1706_37_249

↓同じように種まきして同じように植え付けたのに、早々と花が咲いた株は痩せて貧弱。花の咲かない株は、こんなに葉が茂っています。
一旦、花はもいでしまった方がいいのかな。

2020_06_1706_38_009

↓少し移動して、スカシユリとアジサイ・フェアリーアイ
ロリポップはあっという間に終わりましたが、黄色のスカシユリは花もちがいいです。

2020_06_1706_38_279

↓東向き花壇のフェアリーアイは葉ばかりですが、こちらはよく花が咲いてくれました。

2020_06_1706_38_519

↓ミソハギが、ピンクの濃淡になってきて可愛い。
西洋ミソハギのほうは、まだ蕾も見えません。

2020_06_1706_39_029

↓西向き花壇のエキナセアです。他にもいくつかあるのですが、日当たりの関係で、開いているのはこれだけです。

2020_06_1706_40_289

↓朝陽が差してきました。

2020_06_1706_42_109

↓振り返って南を見ると、ユリが目立っていますね。

2020_06_1706_40_549


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



私の庭で最も日当たりのいい場所に咲いているエキナセア・バブルガムです。
今までは通販で買うことが多かったのですが、これは昨年、JAで購入したものです。
リアル店舗は実物を見て買えるし、価格の割りに苗がとても立派でした。
(通販は、配送の都合上あまり大きくできないらしいですね。)

2020_06_1505_01_379

↓角度を変えて撮影。まだまだこれからです。

2020_06_1505_14_059

↓可愛いピンクのエキナセア。多分名無しです。

2020_06_1506_08_419

↓こちらが数年前、初めて植えたエキナセア。
今は株分けであちこちにあります。

2020_06_1408_30_299

↓エリゲロン・アズールフェアリー

2020_06_1506_08_179

↓多分、今が満開だと思います。

2020_06_1506_07_129

↓アガスターシェ・ボレロ
とても背が高くなったので(80cmくらい)、花も見たことだし、切り戻します。

2020_06_1505_02_439

ここからは(一旦)終わりのクレマチスです。

↓言わずと知れたプリンセスダイアナ。とても丈夫です。

2020_06_1408_35_209


↓ピール、花は小さくなり色も濃くなりました。

2020_06_1408_34_549

↓美佐世、色は相変わらず綺麗です。大きさは最初の2/3くらいかな。

2020_06_1505_18_189

↓ピンキー、花は半分くらいのサイズになり、ピンクが驚くほど濃くなりました。

2020_06_1408_29_089

↓フォンドメモリーズも、とても小さくなりました。1/3くらい。

2020_06_1317_04_079


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



今日も、庭は特に目を引くものもありません。
枯れてしまったオリーブにハングしたバスケットに、一度切り戻したペチュニアがまた咲いてきました。

下では、アジサイ・フェアリーアイが1輪だけ咲いています。
大きくなるので、昨年は思い切って切り戻したせいか、ほとんど花が咲きません。

2020_06_1408_43_589

↓こちらは西向き花壇のフェアリーアイ、上の株から挿し木をしたもので、我が家のアジサイはこの1種類だけです。

これも昔、娘から母の日にプレゼントされたもので、なぜか自分からアジサイを買ったことは一度もないのです。

2020_06_1408_33_199

↓ゲラニウム・ロザンネ。
場所がよくないのか、いつも花が少ないです。

2020_06_1317_09_149

↓ローダンセマムが、楚々と咲いています。
春一番の花いっぱいの時もいいけど、こういう姿も好きです。

2020_06_1317_12_159

↓初めて種まきをした花、アゲラタムに蕾が見えました。
いつも書いていますが、種まきで一番嬉しいのは、最初の芽が出た時、次は最初の蕾を発見したときですよね。

2020_06_1408_33_419

↓エキノプスリトロにも蕾ができました。イガイガが可愛い。

2020_06_1408_39_289

2020_06_1408_30_049

↓去年から挿し芽で育ててきたユーフォルビア・ダイヤモンドフロストが、少し広がってきました。
左は越冬したアメジストセージ、右は挿し芽のアメジストセージです。
アメジストセージは、ダイヤモンドフロストと良く合うと思うのです。

2020_06_1408_46_509

↓これは2年前の写真ですが、こんな雰囲気が好きです。

アメジストセージ


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



しばらく前に植えたミリオンベル(カリブラコア)の昨日の姿です。
カリブラコアは成長が遅いのですが、いつも変わらずの可愛さです。

ラベルに花色が美しく変化すると書いてあるので、これからどのように変化するのか楽しみ。

2020_06_1213_35_379

↓こちらはブリエッタ・ピーチレース。
随分地味な色になってきました。

2020_06_1213_54_479

↓こちらが購入時の姿です。
ミリオンベル(右)はそれほどの変化はないのですが、ブリエッタのほうはまるで別物のようですね。

110ee766-s

↓こぼれ種が越冬して咲いたペチュニア達です。(赤だけは先日植えたもの)
この辺りには、一昨年にタイダルウェーブしか植えていないので、親はタイダルウェーブのこぼれ種だと思います。

2020_06_1217_21_429

↓反対側から見たところです。
勝手に咲いた花、植えた花、いろんな色が混ざって可愛い。

2020_06_1217_22_139

↓庭全体では白いペチュニアが多くなっています。

2020_06_1213_52_589

↓このイエローのペチュニアはバスケットに植えてハングしていたものですが、茎が立ちあがり過ぎてバスケットでは間に合わなくなり、地植えに下ろしました。

2020_06_1217_20_129


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。




↓これは去年咲いたエキナセアです。
(最初から去年の写真でごめんなさい。

エキナセアは種から育てられるようなので、昨秋、このエキナセアの種を採って種まきをしました。

a65af7d3

↓元気そうなイガイガ1~2個分の種をまいたのですが、発芽したのは10本くらい。
発芽までも時間がかかり成長も非常に遅く、冬季は2cmほどの消え入りそうな苗で過ごしました。

無事、冬越しできたのは5本。
春になり、ようやく元気に成長してきて、現在はこんな様子です。

P_20200608_080913

↓まだ場所が決まらないのが3本。
花が咲くのは早くて今年の秋だそうです。
先は長い。

エキナセアの種まきが一般的でない理由がよく分かりました。
株分けならば翌春には花が咲きますものね。

P_20200608_080846

↓こちらは今日の庭のエキナセア・バブルガムです。
1つ目の花が何者かに食べられたので“ゼンダーリ”をスプレーしておいたところ、2つ目の花は完全な形で咲いてきました。よかった。

2020_06_1213_51_139

そういえば昨秋、上のバブルガムも種まきをしたのですが、こちらは全滅でした。
時期が遅かったのか、原因不明です。

↓横から撮りました。
ピンクのエキナセアの周りを白いペチュニアが囲むように咲かせたいのですが、どうなることでしょうか。

2020_06_1213_51_329

 * * *

ここからは、その他の庭の花です。

↓先日植えた、サルビア・バーニングウィッシュは、余りに背が高かったので切り戻して植えたところ、もう次の花が上がってきました。
暗いワインレッドがシックで素敵です。

2020_06_1205_05_569


5月20日のエキウムを抜く時に、2本だけ切り戻して様子を見ると書きましたが、現在このような状態です。
2番花が咲くには咲いたのですが、小さくて色もくすんでいます。

結局、私の庭では、4月中旬に切り戻した場合は元気な2番花が咲き、背丈も低く抑えられましたが、5月下旬に切り戻した場合はあまりいい結果ではありませんでした。
切り戻すなら4月のうちですね。

2020_06_1205_06_319

↓初めての花、ミソハギが咲いてきました。
西洋ミソハギはあったのですが、咲き進むと形が崩れて暴れるので、日本ミソハギのほうがおとなしそうと思って植えて見ました。
今のところは期待通り清楚でつつましやかに咲いています。

2020_06_1213_51_559

↓エリゲロン・アズールフェアリー
花が増えたので、シマススキをバックに。

2020_06_1213_56_349

↓東向き花壇のスカシユリです。
西向き花壇のユリが増えたので、株分け(?)して持ってきました。

2020_06_1213_56_039


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



我が家のユリは、数は少ないのですが、花の少ない庭で鮮やかに咲いています。

2020_06_1108_41_179

2020_06_1108_40_579

↓黄色のユリも咲いてきました。

2020_06_1108_40_459

↓これは去年の写真です。
お気に入りだったレッド・カサブランカが、今年はどこにも見当たりません。
球根のあった辺りには1mを越えるオルレアがびっしりと咲いていたので、オルレアを抜く時に一緒に抜いてしまったのかもしれません
そそっかしいですね~。  

f4f60d25

↓ホリホックの花が咲き進んできました。
やっぱり可愛いので、来年はもっとたくさん咲かせてみようかな。

2020_06_1108_44_539

2020_06_1007_43_169

↓種まきコスモスは、ポツポツと咲いています。今のところ深紅ばかり。

2020_06_1108_43_159

↓なんと! ローダンセマムにまた蕾が出来てきました。
この暑さの中でびっくり。

2020_06_1107_40_309


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



昨日今日で、西向き花壇の芝生のエッジを切りました。
10時頃までは日陰なので、朝だけの作業です。

↓まずは完了後の写真です。

2020_06_1007_41_199

↓ここの花壇は、元々ストレートだったのですが、もう少しおしゃれにしたくて、去年の3月に芝生を剥いで造りました。

20190331

↓芝生を断ち落として、花壇と7㎝ほどの段差をつけると、芝生は土がないため、それ以上伸びていかないと聞いたので、試しに断ちっぱなしにしてみました。

P_20200609_100208

そうはいっても、頻繁なエッジ切りは必要だろうと思っていたのですが、心配することもなく、去年の夏は1~2回ほどエッジを刈っただけでした。
意外なほどローメンテナンスで済みます。

ですが、さすがに一年で最も芝の伸びる今の時期には、上の写真のように芝が伸びてきたので、久し振りにエッジ狩りをすることになりました。

 * * *

↓古い芝生カッターが芝に刺さらなくて困ったので、この赤いカッターを買ってきたのですが、これも全然使えない。
古さの問題ではないようです。
危険のないよう、わざと切れなくしてあるのかな?

結局、いつのものとも知れぬ古いスコップのほうが、芝にサクサク入り、はるかに楽でした。

P_20200609_101456

↓スコップでサクサクと芝を切り、ハサミで整えて出来上がり。

P_20200609_101236

↓こんな感じです。綺麗になったでしょ。

2020_06_1007_37_179

それにしても一年草が多いと、春の花が終わり夏の花が育つまでの間は、何もなくてつまらないですね~。
黒い芝止めは、本当は無い方がいいと思うのですが、いろいろ不具合が出てきたので、仕方なく付けています。

↓西向き花壇から続く、南のフェンス下花壇です。

2020_06_1007_38_139

↓今の時期は、ヒューケラが綺麗ですね。

2020_06_1007_42_199

↓こちらが南のフェンス下花壇の右側。
隣は問屋さんの駐車場でトラックなどがとまっていることが多いです。

2020_06_1007_41_319


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



数年ぶりにホリホックが咲きました。
5年ほど前に知人から苗をいただいて植えたのですが、その翌年には庭中から芽を出し、余りの発芽率の良さにびっくり、それ以降は育てていません。
にもかかわらず、いまだにアチコチから芽がでてきます。

今年は西向き花壇から出てきたので、場所に余裕があるからたまには育てて見ましょうと放っておいたら、元気で可愛い花が咲きました。


2020_06_0915_37_229

ホリホックは支柱いらずで直立してくれるので助かります。

2020_06_0915_37_309

 * * *

さて、終わりかけのクレマチス、これで見納めになると思います。

↓ピンキーはもう3輪しか残っていません。

2020_06_0805_18_279

↓フォンドメモリーズは、最初より半分くらいのサイズになりました。
多くのクレマチスは、日にちが経つと色がくすんできますが、このフォンドメモリーズはいつも綺麗で、写真と実物の差がほとんどありません。

2020_06_0805_17_319

↓ピールも小さくなりました。

2020_06_0805_11_529

↓アイアムレディジェイ
1輪1輪は可愛いのですが、下を向いて数えきれないほど咲くので、なんだがゴチャゴチャした感じになります。

2020_06_0805_14_409

↓白万重は日光が強すぎて縁が茶色になってしまいました。
ここは一日中陽が当たるので、やはり半日陰くらいがちょうどいいのでしょう。

2020_06_0805_12_239

↓それでもポンポンと可愛く咲いてくれました。
去年は秋遅くまで咲いたので、今年も期待しています。

2020_06_0805_13_389


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



一昨日アップしたときは蕾だったダリアが、開いてきました。
このほかに4本のダリアがありますが、まだまだ花は先になるようです。
八重の華やかなダリアが咲くのが楽しみ。

2020_06_0805_19_389

↓オレンジのユリは花が増えました。
今日は裏から撮影。

2020_06_0805_11_009

↓エリゲロン・アズーロフェアリーは、とても地味な花ですが可愛い。
源平小菊のほうのエリゲロンとは雰囲気が違いますね。
より雑草のハルジオンに似ています‥‥でも花はかなり大きいんですよ。

2020_06_0805_09_539

↓シマススキと一緒に撮影。

P_20200608_103934

↓朝霧草です。
もしかしたら今年初めてのアップかなと思って検索してみたところ、やっぱり初めてだったのですが、去年も全く同じ日に(2019/6/8)アサギリソウの記事を書いていました。

2020_06_0708_39_299

↓アジサイの下のこんな場所にあります。
何も障害物の無い場所では半円のドーム状になります。

2020_06_0708_29_489

↓ペチュニア・純翠はモリモリ。

2020_06_0805_17_039

↓ソテツの葉が大きくなってきました。
クレマチスとは合わないのですが、事情があってここにはソテツくらいしか置けるものが無いのです。

2020_06_0805_15_269
事情なんて思わせぶりですが、2階の物干し場に雨樋がないので、ここには直接雨が落ちてくるのです。
大雨の時にザーザー雨が落ちてきても平気な植物ってあまり無いですよね。
ソテツは今のところ大丈夫です。

 * * *

↓カンパニュラの白はいったん終わり、今はピンクだけ残っています。
どちらも蕾がたくさんあるので、まだまだ咲くでしょう。

2020_06_0805_13_089

↓フロックス・スウィズルブルーの白い点々はうどんこ病です。
余りにひどくて、先日抜いてしまいました。
1、2年目は綺麗にさいたのに、なぜか去年からうどん粉病に罹り、花も少なくなりました。

原因はおそらくバックにフェンスを付けたので、11時ごろまでしか日が当たらなくなってしまったからでしょう。
フロックスは日照時間が少ないと、うどん粉病に罹りやすくなるそうです。

P_20200601_080943


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



10日ほど前に切り戻したサルビア・スペルバボルドーにもう次の花が咲いてきました。
去年、挿し芽苗を植えたのですが、今年は5倍くらいに大きく広がっています。

2020_06_0708_13_359

↓手前のほうの白いサルビアは、ネモローサ・スノーヒルです。
どちらもとても背が低いので、植えやすいサルビアです。

2020_06_0708_20_479

↓スノーヒルの隣は、トウテイラン。
秋になると清楚で可憐な花穂が付きますが、周りに他の植物があると徒長して、少々見苦しい姿になります。

2020_06_0708_22_029

***************
「植えている植物を参考にしている。」というコメントを何度かいただきますので、“可愛い・綺麗”ばかりではなく、マイナス面も書くようにしますね。

ただし、私の庭で私の育て方によりますので、ほんのご参考程度にどうぞ。
***************

↓赤いサルビアは、ミラージュ。
これもあまり大きくならないので育てやすいサルビアです。

2020_06_0608_35_439

↓アークトチスは本当に綺麗でどんな花とも合います。
‥‥が、いつも書いているように、ヒョロヒョロと伸びるし、あちこち暴れるし、大好きなのに困った花です。

P_20200606_102253

↓こちらでは、切り戻したミラージュのピンクが再び咲き始めました。

2020_06_0708_22_359

↓エリゲロンと一緒に。
どちらも手がかからず、とても楽な花です。

2020_06_0708_22_539

 * * *

ここからはサルビアではなく、今日の庭で目を引いた花たちです。

↓カンパニュラ・オーシャンが満開に。
とても丈夫です。可愛いですよね~。
このフェンス下での夏越しは経験がありませんが、東のオリーブ花壇(半日陰)では、植えっぱなしで3年目の株が、元気に過ごしています。

P_20200606_102555

↓クレマチス・ロウグチの花が増えてきました。
枝葉をみるとうどん粉病で白くなっています。
花は可愛いのですが、それをみるとちょっと憂鬱。
楽しむために育てているんだから、ストレスになっては意味がないですね。
今年限りかな。

2020_06_0708_36_589

↓こちらはとっても丈夫なクレマチス・プリンセスダイアナ。
お隣ばかりに向いて咲いていたのですが、スイトピーのわさわさを抜いたら、こちら側でも咲くようになりました。

2020_06_0708_35_449


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



スカシユリのオレンジが開いてきました。
いただきものです。

2020_06_0608_38_569

↓エリゲロン・アズーロフェアリーが開きそう。
他の植物に囲まれていたせいか、とても背が高くなりました。
説明には20cmと書いてありますが、50~60cmくらいになっています。

P_20200606_102323

↓赤のダリア、一重です。
植えっぱなしで咲きました。

2020_06_0608_41_039

↓サルビア・サリーファン、綺麗になるのはこれからです。

2020_06_0608_39_229

↓先日植えたイソトマ。鮮やかな青です。

2020_06_0608_38_169

↓花が生き生きしてきました。

2020_06_0608_38_249

↓エキナセア・バブルガムが咲いてきたのですが、また花びらが食べられている。
毎年食べられて、中央部分だけになるんです。
オルトランは撒いているけど、他になにを撒けばいいのでしょう。
一応、ゼンダーリをスプレーしてみます。

P_20200606_102335

↓始まりの花ではなく、どちらかと言えば終わりの花ですが、アップする時期を逃しそうなので。
クレマチス・ブルーライトです。

2020_06_0409_15_509

↓誘引から外れたブルーライトが一輪だけ、地際に咲いていました。
綺麗。

2020_06_0409_16_049

↓こちらは花が小さくなり、本当にもう終わりそうです。

2020_06_0409_11_189

↓そういえば、先日、美佐世の花ガラがゴールドに輝いていると書きましたが、今日見たら、「いぶし銀」になっていました。
あのゴールドの輝きは、若い花ガラが朝日に当たっている、ほんのひとときのものだったようです。

P_20200606_102138


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



ブラキカムを切り戻すついでに株分けをして、ハンギングバスケットに植え替えました。

もう終わりかけだったので乱れていますが、この後切り戻して、次回はこんもり満開の姿をお見せしたいと思います。

2020_06_0509_46_549

↓コンパクトガウラです。
コンパクトとはいえ、ガウラはやっぱり倒れますね。

2020_06_0409_26_379

↓そのため、プランタースタンドの一番小さいので支えています。

2020_06_0409_26_029

↓3年目のグラス・エリムスアイシーブルーが大きく育ってきました。

2020_06_0409_17_249

↓ロリポップと一緒に記念写真。
これは昨日の写真ですが、今日、ロリポップは既に茶色くなりほぼ終わりです。

2020_06_0409_18_039

↓サルビア・ミスティックスパイヤーズブルーが開き始めました。
隣のペンステモン・ハスカーレッドはもう終わりそうです。

2020_06_0409_20_599

↓切り戻したティアレラに再び花が咲いてきました。
楚々とした可愛い姿です。

2020_06_0505_57_439

↓ホスタ・ブルーマウスイヤー
もう3年目ですが15cmあるかないかで、なかなか大きくなりません。
もともと小さい種類ですが、それにしても‥。

2020_06_0505_58_239


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



何にもない花壇に、少々格好悪いカンパニュラが、寂しそうに立っています。
ついに、ピンクが白の3倍くらいになってしまいました。
来年も植えるとしたら、もう白だけでいいかな。

2020_06_0409_24_049

↓というわけで、可愛い白のカンパニュラだけを撮っていたら、

2020_06_0409_29_539

↓あ、白万重が茶色になった原因が分かった~
カンパニュラの中に隠れていた白万重は、綺麗なライムグリーンです。

2020_06_0409_32_569

↓ということは、外の白万重がこんな色になってしまったのは日光のせいですね。
寒暖差の激しい北関東は、突然、暑くなります。
その差に耐えられなくて日焼けしてしまったのですね。

水が足りないのか、暑さか病気か?といろいろ考えていたのですが、原因が分かって良かったです。

2020_06_0409_31_459

‥‥と、これだけでは何なので、そのほかのクレマチスもご覧ください。

↓アラベラに花が増えました。

2020_06_0409_09_229

↓マダムジュリアコレボンとアイアムレディジェイも花いっぱいに。

2020_06_0409_23_139

↓アイアムレディジェイは、下を向いて咲くので、下から撮ってみました。

2020_06_0409_12_179

あまり上手く撮れないのですが‥‥

2020_06_0315_56_479

↓お気に入りのフォンドメモリーズは、いつ見ても綺麗。

2020_06_0315_49_429

↓花数は倍くらいに増えましたが、花のサイズは小さくなってきました。

2020_06_0409_13_559

↓咲き始めのころの2/3くらいの大きさです。
これが秋になると1/3くらいになり、色もピンクではなくパープルになります。

2020_06_0409_13_079


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。



花壇は春の花を片付け、夏の花は植えたばかりなので、写真に撮るようなものは何もありません。
今日は更新をお休みしようかと思ったのですが、何とか庭から掻き集めてきました。

↓エゴノキ花壇の裏側、何を植えても育たない場所ですが、オステオスペルマムが比較的元気に過ごしています。

2020_06_0310_49_459

↓この場所は、ヒューケラもこの色以外、全て枯れてしまいました。
夕方にきつい西陽が当たるためです。
今後はこのオステオスペルマムを増やそうと思います。

2020_06_0310_50_139

↓先日植えたミリオンベル(カリブラコア)は、まだこんな状態です。
カリブラコアって、成長が遅いですね。
でも綺麗な色。

2020_06_0315_44_499

↓ブリエッタのほうは、花は少ないのですが、株は充実してきました。
鉢いっぱいになるのが楽しみです。

2020_06_0315_45_079

↓アンジェラは2か所にありますが、これはいつもアップしている場所とは違う、シマトネリコの近くのアンジェラです。

2020_06_0315_45_489

↓こちらはいつもアップしている場所のアンジェラ、最後の花です。

2020_06_0315_51_459

↓ゼラニウム・カリエンテファイヤー。
鉢いっぱいに花がワサワサで鬱陶しいくらいだったので、少し梳いて半分くらいにしました。

2020_06_0315_48_389

↓エンジェルヘアーは、芝生にベビーを作り過ぎるので、芝生から遠い “通りの花壇” に移しました。
う~ん、エリゲロンの素朴な雰囲気とは合わないけど、仕方がない‥。

2020_06_0315_49_089

↓クレマチス・美佐世の花ガラです。
朝日に輝いて、びっくりするほどのゴールド。
隣の“しらゆきひめ”も同じくらいのゴールドです。

以前、ダイアナの花ガラをアップしたことがありますが、ダイアナは“いぶし銀”、こちらは更に輝く“金色”です。今朝、思わず見とれてしまいました。

P_20200602_105059

↓ビオラ・ヌーベルバーグと一緒に植えていたネメシアは、切り戻してもう少し育ててみます。

2020_06_0315_50_479

↓種まきしたアゲラタムを、あちこちに植えました。

2020_06_0311_06_599

↓昨日出かけた折に、園芸店でイソトマを購入してきて、L字花壇に植えました。
ピンク、パープル濃淡の三色です。
それぞれに、清華、恋華、駿華と名前が付いていて、普通のイソトマより少し大きな花です。

2020_06_0315_47_159

イソトマは何年も前に育てたことがありますが、あのフワフワ感がいいですね。


ご覧いただきありがとうございました。
ぜひ、クリックをお願いします。